手作り製作所 シー・エトワール


 

パワーストーン商品はお客様にお届けする前に
開封後すぐ、気持ちよくクリアな状態で
お使いいただけるためにストーン類は
浄化作業をしてから配送しております。





製作後、ヒマラヤ水晶クラスター原石の上での浄化後、出荷前にホワイトセージで浄化作業をしてから配送しています。


ご安心して商品到着後、クリアな状態でそのままお使いになれます。


封を開けたときにお香のような匂いがする場合がございますが、ホワイトセージの煙で浄化した匂いになります。

時間と共に匂いがなくなりますが、きちんと浄化した証ですのでご安心ください。

 
 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ↓↓【浄化って何??】↓↓
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

地中深くから掘り出されたパワーストーンは、お客様の手元にたどり着くまでに、さまざまな人の手や環境に触れ、
よくも悪くもそれらのエネルギーを吸収しています。
まずは浄化を行うことで、石を生まれたてのまっさらな状態に戻し、『あなただけの石』にします。





------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ↓↓【ホワイトセージって何??】↓↓
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

サルビア科の一種で、薄いブルーの穂状の花を咲かせるハーブの一種です。ホワイトセージには強力な魔除けと浄化パワーがあります。
元々はアメリカのインディアンの人々が、聖地で使用する神聖なハーブです。
アメリカの西部セドナは、ネイティブアメリカンの有名な聖地です。ホワイトセージはネイティブアメリカンのセレモニーで、
その空間や集まってきた人々を清めるために焚かれます。
目に見える持ち物は勿論、空間の浄化や魔除けに使えます。
ホワイトセージの煙を使用する浄化方法は、パワーストーンが傷まない浄化方法です。
パワーストーンの浄化方法で[水・塩・日光]などを使う方法がありますが、変色してしまったり表面がボロボロになってしまう石もあります。
長く綺麗にパワーストーンをメンテナンスしたい方は、ホワイトセージの浄化がオススメです。




※  当店では、ホワイトセージは販売しておりません。お近くのストーンショップ等でお買い求めください。





------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ↓↓ 【パワーストーンの選び方】 ↓↓
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ストーンの選び方は使い方で選んだり、色で選んだり、目的で選んだりと様々ですが、特にオススメいるのが、『直感で選ぶ』です。

先入観を持たずに、ニュートラルな心の状態で商品をご覧になり惹かれた石・心が動いた・かわいい!欲しい!と
思ったものが今一番あなたが欲している石です。

商品欄にストーンの名前が書いてあるので石の効果をネットで調べてみてください。今何を求めているのか分かります。






------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ↓↓ 【つける場所によって違います】 ↓↓
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



【右足・右腕】
●石のパワーを放出する。
●現状より一歩前進する力を与えます。
『自己主張したい』『能力を発揮したい』『告白をしたい』



【左腕・左足】
●石のパワーを吸収する。
●大切なものを受け取り、吸収する力を高めます。
『愛されたい』『知識を得たい』『癒されたい』




指によるパワー

【親指】
守護力を現す指。ただし「頭を締め付ける」意味になるのでリングはしないほうがベター。自分の悪い部分を律する願いの時には良い。


【人差し指】
行動力を表す指。人生全般に積極性が生まれ、未知のことも勇気を持って切り開いていけます。対人力を高めるので会話上手になりたいときも。


【中指】
情報をキャッチするアンテナ的な役割。ここにリングをつけていると特にビジネスシーンにおいて臨機応変に動けるように。


【薬指】
感受性を表す指。ここにリングをすると情愛が深まり、意中の人と心が通いやすくなります。人に優しくなりたいときも。


【小指】
妖精の指ともいわれ、見えないものを感じ取る指。直感力を高めます。運命的、スピリチュアルな願いのときにオススメ。





------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ↓↓ 【パワーストーンアクセ別】 ↓↓
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



【ストーンのネックレス・ペンダント】
トップにポイントがくるペンダントは他者へのアピールに。石が連なったネックレスは自分を防御する力が高まります。
短めのものには会話力の向上・長めのものには恋愛力や心の交流を豊かにする力があります。




【ストーンのピアス・イヤリング】
耳元に輝くピアスやイヤリングは対面する相手に強い印象を与えます。そのため恋愛や人間関係に関する願いを込めた石は、耳元につけると効果大。
特に揺れるタイプのものは異性の心をとらえる力が強いでしょう。





【ストーンの携帯ストラップ】
携帯電話はコミュニケーションをつかさどるツール。そのためストラップにパワーストーンを付けると対人運にダイレクトに作用します。
縁をつないだり、イヤな人を拒絶したりといった場合はぜひつけて。





【ストーンのブレスレット・アンクレット】
体の右半身・左半身ではそれぞれエネルギーの方向性が異なります。そのためブレスレットやアンクレットは願いや目的に応じた
側につけるとその力を最大限に発揮できるでしょう。
ただしアンクレットの場合行動力が鈍るので利き足にはつけないほうがいいでしょう。





【ストーンのリング】
リングもブレスレット同様、つける手によりパワーが違うのでどの指につけるかにもよります。
金属の材質も重要で、ゴールドは心を明るくし、自信を与えます。シルバーは心を落ち着かせ、怒りや不安を鎮めます。
プラチナは心を強化し、正しい選択をするための判断力を与えます。








 




          









            











  

                 


















designed by. Shiho Nishino.